日記-ダイエットでもおいしく食べちゃった

ダイエットでもおいしく食べちゃった‥

「ダイエットでもおいしく食べた~い!」 のマロンのダイエット泣き笑い日記帳

先日、近くに住む友人がお善哉をふるまってくれました。とってもおいしかったです。久しぶりに気の置けない仲間と楽しいひとときを過ごすことができました。あたたかいお善哉に身も心も癒されました。
大寒にあったかお善哉はいかが?ちょっと気になるカロリーですが、マロンのレシピは甘さを控えめにして、カロリーを1人分335kcalに抑えています。とろみ付けの葛粉を控えるなら、322kcalにダウンできます。お餅もできれば白玉豆腐団子にしましょう。大寒にあったかお善哉をどうぞ~^^
あったか「ぜんざい(お汁粉)」の作り方(レシピ)はこちらを
「抹茶ぜんざい」もこの時期いいですね。レシピはこちら

いつも「夏みかんピール」に楽しいお便りをくださるおかよちゃんからメールが届きました。レモンピールに挑戦したんですって!すっご~い!(◎_◎;) レモンピールはマロンも挑戦したけどダメでした(泣)
とっても難しい「レモンピール」「いろいろ参考にして作ってみましたが、硬くて後味の悪い出来上がりにがっかりしてしまいました。見た目はとてもきれいで美味しそうに出来たのに~(涙)」とあります。いえいえ、マロンはおかよちゃんのそのチャレンジ精神を称えます!敢闘賞贈呈~
お好みの柑橘類(夏みかん・文旦・甘夏…)でピールを作りましょう!

いやはや、今回の寒波はすごかったです。久々の大雪で、なんとマロンの所も25cmは積もりました。まだまだ屋根の上には溶けない雪がいっぱいあって、ときどきドサドサッて轟音と共に落ちてきます。
大雪家の前も雪がいっぱいで、雪かきが大変ですが、雪国の人たちはこの何倍もの雪が毎日降ってくるんですよね。ほんとうに想像を絶する状況です。こうして少しでも体験するとその厳しさがよく分かります。今日も雪下ろしなど、どうぞお気をつけください。

イチゴ大福へのアクセスが上がっています。そうですよね~^^ 新しい年を迎えるとなんだか無性に食べたくなるのがイチゴ大福。なぜでしょう。なんだか春を呼んでくれそうで、わくわくするんですよね。
イチゴ大福が食べたいな~「かわいいね。春風呼んでね。いちご大福」-漫浪。先日は、センター試験がありましたが、こんな句もあります。「サクラサク、待ちわび作る、いちご大福」-漫浪。春は恋の季節でもありますね。「初恋に、頬を染めしや、いちご大福」-漫浪。おそまつ(^_^;)
とっても簡単な「いちご大福」のレシピ

ブリがおいしい季節ですね。この時期のブリは「寒ブリ」と言って、産卵期前で脂が乗っています。カンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味があります。冬大根と一緒に「ぶり大根」を作りましょう。
風邪やインフルエンザ対策に最適な「ぶり大根」ブリは、エネルギー代謝を高めて免疫力を活性化してくれるビタミンB群がたっぷりです。また、粘膜を強化してくれるビタミンAもたくさん含まれていますので、風邪やインフルエンザ対策に最適です。旬のブリをしっかり食べて、大寒を乗り切りましょう!
インフルエンザ対策にビタミンB群がたっぷりの「ブリ大根」(レシピ)

三連休も終わり、今日から今年の本格始動って方も多いかもしれません。起動エネルギーがほしいですね(笑)。お勧めなのが「甘酒」です。本来、甘酒って、夏バテ防止で飲んでたっててご存じでした?
「飲む点滴」と言われる甘酒で、新年のスタートダッシュを!それくらい元気が出るんです。麹から作る甘酒には、疲労回復効果のあるビタミンB群が豊富に含まれています。ブドウ糖やアミノ酸もたっぷりで、その内容は病院の点滴、栄養剤とほぼ同じ内容なのだそうです。「甘酒」で新年のスタートダッシュを!
甘酒の作り方とそのすばらしい健康効果

長い年末年始のお休みも終わったと思ったら、なんと今日から3連休なんですね。やっと重い腰を上げて、おこたから出て仕事を始めたものの、あまりの寒さにおこたに舞い戻ったような気持ちです(笑)
牡蠣はまさに栄養の塊なんとか元気を出してそろそろ始動しないといけません。元気が出るカキフライでもしようかな。牡蠣に含まれるグリコーゲンは即効性のスタミナ源として有名ですね。旬の牡蠣を食べて、なまった体に活をいれましょう!…って、まずはわたしか(^_^;)
「海のミルク」と言われる牡蠣の驚くべき栄養効果
カキフライ(レシピ) | 衣はサクサク、中はジューシーな揚げ方

皆さん、今朝もお餅を食べられましたか?マロンは二日にお雑煮に入れて食べました。お餅は太りやすいというイメージがありますが、食べ過ぎさえ気をつければ、餅だから太るということはありません。
お餅は太りやすいってほんと?糖質が高いので、血糖値が上がりやすいという問題はありますが、一番の問題は、ご飯に比べてついつい食べ過ぎてしまうことにあるようです。それで、丸餅なら2個までにセーブしましょう。角餅は丸餅よりサイズが大きいので要注意です。詳しくはこちらを。
餅は太りやすいの?
餅が太りやすい理由は?
お餅は何個までなら食べても太らない?
太りにくい餅の食べ方は?

新年初投稿です。マロンのところはとっても温かい年初めになりました。みなさんのところはいかがですか?今日も朝からとってもいいお天気で気持ちいいです。昨日の朝はみんなでお雑煮を食べました。
お雑煮の作り方(関東風レシピ)年末から泊まりに来ている父が、いろんな地方のお雑煮の話をしていました。茨城県ではお雑煮に納豆を入れるって言っていたので、ググってみたら茨城県では使わないそうですが、全国では使うところが幾つかあるそうです。来年は作ってみようかな。
「分とく山」の料理長、野崎洋光先生のお雑煮(レシピ)
あっさりとしたおすましの関東風雑煮(レシピ)

年末年始に久しぶりに家族で食卓を囲むときは、お鍋がいいですね。てっちり(ふぐ鍋)にしませんか?てっちりは去年動画にしました。ちょっと奮発して、とらふぐを使いましたが、やっぱり最高です!
年末年始の一家団欒はぜひ「てっちり(ふぐ鍋)」をふぐはやっぱりてっちりにするのが一番おいしいです。ふぐには旨み成分のイノシン酸がたっぷり含まれていますが、それが昆布のグルタミン酸と合体すると、相乗効果で飛躍的に旨みがアップするのです。一家団欒、ご家族の笑顔が弾けますよ!
「てっちり(ふぐ鍋)」の動画レシピはこちらを!
「てっちり(ふぐ鍋)」の詳しいレシピはこちらを!