ふぐを食べるなら「てっちり」が一番おいしい理由

先日は、ふぐがなぜあんなに高いのかお話ししました。それでも食べたいふぐ鍋は、なぜあんなにおいしいのでしょうか。ふぐには旨み成分のグルタミン酸やイノシン酸などがたっぷり含まれています。
「てっちり」が最高においしい理由また、ふぐの甘味は、グリシンとリジンと言うアミノ酸だと言われています。加えて、クレアチン(アミノ酸の一種)も多く含んでいるので、深いコクを感じるのです。昆布のグルタミン酸と、ふぐのイノシン酸が合体するてっちりが一番おいしい食べ方だそうです。
「てっちり(ふぐ鍋)」の動画レシピはこちらを!
「てっちり(ふぐ鍋)」の詳しいレシピはこちらを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です