ガッテン流「いなり寿司」のコツ – 味の抑制効果

ウフフ(^^) おいしい「いなり寿司」ができましたよ。ためしてガッテン流です。友人たちにおすそ分けしたら大評判。ガッテン流は、酢飯にはいっさい砂糖を入れません。油揚げの甘みだけで十分なのです。
ガッテン流「究極のいなり寿司」そうすることによって、すっきりした味わいになります。つまり、複数の味(甘みと酸味、塩味と酸味など)が、お互いのもち味をやわらげて、全体としてバランスのいい味わいになるのです。ガッテンでは、これを「味の抑制効果」と呼んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です