「蝉しぐれ 水ようかんが 食べたいな」 – 漫浪(^_^;)

さっき、グッドモーニングを見ていたら、林先生が「金曜言葉塾」で、松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」というあの有名な句の解説をしておられました。あの時の蝉はアブラゼミかニイニイゼミか?
「蝉しぐれ 水ようかんが 食べたいな」 - 漫浪(^_^;)という論争が1920年代に巻き起こったんですって。結局はニイニイゼミってことで決着したそうですが、芸術家っていうのは、どうでもいいようなことにこだわるんですね~(^_^;) 水羊羹を撮影したときのあの蝉しぐれは、何蝉だったんでしょうか‥
夏に爽やか「水ようかん」の作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です