栄養バランスばっちりの「中華丼」のレシピ(作り方)

今日も昨日更新した「中華丼」のお話を。中華丼は、昭和の初め頃、東京の中華料理店で、客からご飯に八宝菜を載せてと頼まれて作ったのがきっかけだそうです。中国にはこの料理はないそうです。
中華丼のメリットは?中華丼は単品でも、主食、主菜、副菜がそろっていて、たくさんの野菜、肉やえび等の魚介類、ウズラ卵なども入っているので、バランス良く栄養が摂れます。でも、丼ものはご飯の量が多いことがカロリー増の原因になりますのでご注意を。

栄養バランスばっちりの「中華丼」のレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です