雑煮のおいしいだしの取り方(レシピ)

今年もあと一週間を切ったので、そろそろお雑煮のことも考えておられることでしょう。マロンは数年前から、分とく山料理長、野崎洋光さんの雑煮にはまっています。素材の旨みを引き出す作り方です。
分とく山料理長、野崎洋光シェフの雑煮レシピ野崎シェフのだしの取り方は、80度のお湯にかつお節と昆布を入れて1分置くだけです。一度も沸騰させることなくだしを取ります。こうして、だしや調味料をきかせ過ぎるのではなく、季節の食材自体が持つ旨みや香りを存分に引き出すのです。最高ですよ。
分とく山の野崎洋光先生の簡単「お雑煮」のレシピ
あっさりとしたおすましの「関東風雑煮」のレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です