市販の鰻のかば焼きの温め方:ガッテン流がおいしい理由

市販のうなぎのかば焼きをおいしく調理する方法は、関東と関西で異なります。関東はグリルで焼いてふわふわに温め直し、関西はフライパンでサクッと揚げ焼きします。いずれもガッテン流レシピです。
市販のうなぎのかば焼きをおいしく調理する方法これは、両者のかば焼きの作り方が異なるからです。関東では、白焼にした後、蒸してからタレをつけて再び焼きます。関西は、腹から開き、蒸さずにそのままタレをつけて焼きます。ガッテン流はこの点を念頭に置いて考案されているのでおいしいのです。
市販の蒲焼きをおいしく調理する方法(関東風&関西風レシピ)
名古屋名物「ひつまぶし」の作り方はこちらを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です