御萩、牡丹餅、夜船、北窓、…先人たちの粋な遊び心

涼しくなり始めると早いもので、急速に秋の気配が深まっている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。秋の風が吹いてくると不思議なもので、毎年「おはぎ」が食べたくなります。御萩です^^
おいしい「御萩(おはぎ)」同じ物でも春に作ると牡丹の花に見立てて「牡丹餅(ぼたもち)」、秋に作ると萩の花に見立てて「御萩(おはぎ)」。昔の人はほんとうに粋で風流です。ちなみに夏の呼び名は「夜船」、冬の呼び名は「北窓」です。意味が分かりますか?答えはこちら。
「あんこ(粒あん&こし餡)」の作り方(レシピ)
「おはぎ(ぼたもち)」の作り方(レシピ)
「きなこのおはぎ」の作り方(レシピ)
「黒ゴマのおはぎ」の作り方(レシピ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です