炭火料理がおいしいわけ(赤外線効果の秘密)

炭火で焼いたお料理がなぜあんなにおいしいのか、先日は秘密は赤外線効果にあるとお話ししました。今日はもう少し詳しくお話ししますね。物を温める方法には三つあります。伝導、対流、放射です。
炭火料理がおいしいわけ炭火は放射熱です。炭火が放出する赤外線は電磁波である為、食材の分子を振動させる働きがあります。摩擦熱が生じて熱源となるわけです。それで、食材の中までしっかり火が通り、焼きむらがなくこんがりと焼きあがるわけです。すごいですね。
七輪(炭)でサンマをおいしく焼く方法はこちらを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です