春のおとずれ「ふきのとう味噌」の作り方

そろそろ雪の下からふきのとうが顔を出す頃ですね。ふきのとうはカリウム、カルシウム、ビタミンB2、カロチン、ビタミンCなどを含み、その苦味成分は冬の間にたまった脂肪や老廃物を排出してくれます。
春のおとずれ「ふきのとう味噌」の作り方苦味成分のアルカロイドは肝機能を強化し、疲労回復や細胞の新陳代謝を活発にする働きがあり、ケンフェノールは咳止めや活性酸素の除去作用があります。厳しい寒さを乗り越えたふきのとうには、人が春に備えるための栄養素が一杯です。
春のおとずれ「ふきのとう味噌」の作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です