「分とく山」野崎洋光シェフの「たけのこご飯」レシピ

今日もおいしい「たけのこご飯」のお話を。日本料理の巨匠、「分とく山」野崎洋光シェフのレシピは、たけのこを下ゆでしないそうです。長い時間ゆでるとアクも抜けますが、香りもかなり抜けるそうです。
「分とく山」野崎洋光シェフの「たけのこご飯」レシピ大根おろしに30分浸けるだけで、大根の酵素がアクを分解するそうです。茹でずに生でアク抜きした方が、野性味のあるたけのこの風合いが残っておいしいそうです。たけのこの香りがよいので昆布やかつおだしは使いません。詳しくはこちらを!
「分とく山」野崎洋光シェフの「たけのこご飯」レシピ
おいしい「たけのこご飯」の調味料の割合(黄金比率)は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です