今日は6月最終日。「水無月(ういろう)」を作りましょう♪

6月も今日で終わりですね。そうそう6月と言えば「水無月(外郎)」を食べなくては。京都では暑気払いで六月に食べる小豆を載せたういろうを水無月と呼ぶそうです。この時期にしっとり外郎は格別です。
水無月(ういろう)の作り方(レシピ)それにしても雨の季節の6月が「水無月」って変ですよね。以前日記にそんなことを書いたら、コメントで理由を教えてくださいました。旧暦の6月は梅雨明け後の酷暑の時期なので水無月は不思議でもなんでもないそうです。なるほどですね♪
ういろう(外郎)のレシピ(作り方)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です