京都先斗町(ぽんとちょう) – なんてお洒落なネーミング

京都、先斗町(ぽんとちょう)の入り口には、この町の歴史や名称の由来などが書いてある立て看板があります。この通りができたのが寛文十年(1670年)とありましたから、300年以上も昔のことです。
京都:先斗町(ぽんとちょう)入り口の立て看板名前の由来は、ここの人家がすべて川原の西側に立ち、先ばかりに集中したところから、葡萄牙語(ポルトガル語)のPONT、英語のPOINTによったと書かれています。昔の人のネーミングって、ほんとうに素敵♪江戸時代に思いを馳せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。