すばらしき“こだわり”!

これが高橋名人の見事な「包丁」の「切り」の技です。すばらしいリズムです!包丁でこま板を送りながら、同じリズムで切ることによって、そばの太さをそろえることができるのです。これが超難しい!
高橋邦弘名人高橋名人が二八そばにこだわられるのは、そばを楽しく打ちたいという思いがあるからだそうです。二八そばは、打ちやすさ、食感とのど越し、食べたときのおいしさ、どれをとってもそばの原点なのだそうです。あ~マロンも早く覚えた~い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です