やっぱり大豆イソフラボンはすごい!

今日もお豆腐のお話の続きです。この間の厚労省の研究成果によると、大豆を週5日以上の頻度で食べる女性は、2日以下に比べ、脳梗塞や心筋梗塞による死亡率が0.31倍と低かったということです。
湯豆腐イソフラボンの摂取量が一番多い女性グループは、一番少ないグループに比べ、発症率が0.39倍。一番多いグループの一日の摂取量は、豆腐3分の1丁か納豆パック(約50グラム)1個程度です。今さらに詳しく調べています。近日公開します。
湯豆腐
温泉湯豆腐の作り方はこちらを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。