湯豆腐の食卓

主婦のありがたい味方「湯豆腐」は、実は、とても奥の深い料理でもあります。Wikipediaには、「なにしろ豆腐、水、昆布だけが材料であるからそれぞれに高品質なものが求められる。」とありました。
湯豆腐湯豆腐の食卓は、とても暖かい雰囲気ですけど、なんだか哀愁も漂います。立ち上る湯気と豆腐の白さ。ただそれだけの食卓。その潔さやシンプルさが心を打ちます。「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」。久保田万太郎の名句です。

湯豆腐
嬉野温泉の名物「温泉湯豆腐」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。