祖母の背の、匂い懐かし、零余子飯 -漫浪

むかごは漢字では、「零余子」って書くそうです。Wikipediaには、「むかごとは植物の器官のひとつで栄養繁殖器官である」とありました。難しいことはよく分からないけど、おいしいことは事実です。(^_^;)
炒りむかごそれと、零余子飯(むかごめし)って秋の季語なんですって。「祖母の背の、匂い懐かし、零余子飯」-漫浪。むかごご飯の匂いは、むかご摘みの帰りに負んぶしてくれた祖母の背中の匂いと一緒になって、懐かしさでいっぱいにしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です