すばらしいキャベツの栄養素

ビタミンC
淡色野菜ではビタミンCの含有量が多く、特に芯の周辺に多く含まれます。肌荒れ防止に。
ビタミンU
キャベツの特徴的な栄養です。ビタミンUはキャベジンとも呼ばれ、ただれた胃や十二指腸の粘膜を修復するため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)などの予防に効果があります。
ビタミンK
血液を凝固させる働きがあります。赤ちゃんの脳内出血を予防する働きがあるので妊婦や授乳期の母親には十分摂ってもらいたい栄養素です。さらにビタミンKは骨にカルシウムが沈着するのを助ける働きもあり、骨粗しょう症を予防します。
脂肪肝予防
キャベツに含まれるイノシトールは肝機能をアップさせ、肝臓に余分な脂肪が沈着するのを防ぐ働きがあります。
食物繊維
食物繊維が多いので便秘を改善、腸内環境を良好にします。
カロチン
カロチンは体内でビタミンAに変わるため、免疫力を高めて風邪予防に。
ダイエットでもおいしく食べた~い!ダイエット情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です