ダイエットでもおいしく食べちゃった

ダイエットでもおいしく食べちゃった‥

「ダイエットでもおいしく食べた~い!」 のマロンのダイエット泣き笑い日記帳

今年もいよいよ後四日ですね。そろそろお節の準備も始めておられますか?お買い物に大掃除、帰省するご家族を迎えたりとお忙しいことと思います。そこで、今日は黒豆の簡単な煮方をご紹介します。
圧力鍋なら超簡単!「黒豆煮」圧力鍋で煮る方法です。普通、黒豆煮は、まず調味液に一晩浸けて、さらに4~5時間は煮なければなりません。忙しい年末にやってられません(笑)。そこで圧力鍋です。これならほんとうにあっという間です。しかもお豆はとっても柔らか。ぜひお試しを!
手早くておいしい!圧力鍋で煮る「黒豆」レシピはこちら
こちらはお鍋でじっくり煮込む「ふっくら黒豆」の作り方

昨年、干し柿に初めて挑戦したものの、コバエにやられて断念されたtom996rさん。今年も再挑戦したものの、今度はカビにやられてすべて廃棄。悲しみの連続だったtom996rさんがついにやりました!
干し柿大成功!「ようやく出来上がりました!カビ対策として日本酒を霧吹きで吹きかけるとカビが生えなくなりました。味はほんのりした甘い味で我ながらいい出来だと自画自賛しております(笑)」と、ほんとうにうれしいコメントをいただきました!よかったですね~♪
「干し柿」の詳しい作り方(皮のむき方・消毒の方法・干し方・保存)

今年もいよいよあと10日ですね。みなさんの一年はいかがでしたか?先日も書きましたが、マロンはぜんぜん目標を達成できませんでした。12個のレシピの動画化が目標でしたが、7個どまりでした。
今年の1月に動画化した「ゆず大根」のレシピ言い訳になりますが、ほんとうにいろいろあって、慌ただしい一年でした。でも、落ち込まないのがマロンのいいところ!来年はしっかり目標を達成できるように頑張ります。来年の目標ですか?達成できないと恥ずかしいので言~わない!(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ
「ゆず大根」の詳しいレシピや関連情報はこちらを

牡蠣がおいしい季節ですね。カキフライにしましょう。サクサクに揚げるコツは、高めの温度(180度)で1分30秒サッと揚げることです。目安は、さいばしから細かいあわがしゅわしゅわと出ればOKです。
ほんとうにおいしい「カキフライ」くれぐれも揚げ過ぎに注意しましょう。牡蠣を油から引き上げるタイミングは、ピチピチと音が高くなってくることと、箸ではさんだときにジーッという振動が伝わってくることです。後は余熱で火が芯まで入っていきます。カキフライで一杯。たまりませんね~
牡蠣をサクサクジューシーに揚げるコツ!(レシピ)

干し柿、今年もおいしくできました。やっぱりこれを食べないと、冬が来た気がしません。先日、YouTubeの干し柿の動画にカナダの方からコメントをいただきました。カナダで作ってみたいとのことです。
干し柿の作り方ところが、カナダで売られている柿には吊すために紐を結ぶための軸枝が残されていないそうです。それで、何か別のアイデアがないかというご質問でした。調べてみると竹串を通して干す方法がありました。こちらです。おいしくできるといいですね!
「干し柿」の詳しい作り方(皮のむき方・消毒の方法・干し方・保存)

昨日に続いてたくあんのお話です。たくあんにするなら11月中旬から12月中旬の大根がいいです。時期が早いと気温が高くて大根の芯に空洞ができ、反対に遅いと霜に当たっているかもしれません。
おいしい歯ごたえのたくあん大根は漬ける前に、日があたる風通しの良い場所で2週間くらい干します。こうすることであの独特の歯ごたえを得ることができます。ですから、大根に日を当てることより、寒風にさらして水分を抜くことが大事なのです。詳しくはこちらをご覧ください。
たくあんの干し方:抜け落ちない縛り方
「たくあん」のおいしい漬け方(材料・干し方・漬け方)

さ~いよいよ寒さが厳しくなってきましたね~!たくあんを漬ける時期ですよ~(^^)/ たくあんは昨年頑張って念願の完全動画化しました。干し方から丹念に説明していますので、ぜひご覧くださいね。
たくあんの漬け方 | 大根の選び方・干し方・時期この「干し方」が結構難しいのです。普通に大根を縛っちゃうと、乾燥して大根が細くなってくると、縛りが緩くなって抜け落ちてしまいます。それで、ちょっとかったるいですが、丁寧に動画で解説しています。冬の陽に大根が揺れる風景に癒やされますよ。
たくあんの干し方:抜け落ちない縛り方
「たくあん」のおいしい漬け方(材料・干し方・漬け方)

自宅で行なう忘年会パーティーは「しゃぶしゃぶ」もいいですね。お肉をたっぷり食べたいなら「豚しゃぶ」も最高です。特にお勧めなのが「塩麹豚しゃぶ」です。これがほんとうに感動の味わいなのです!
感動の味わいの「塩麹豚しゃぶ」食べる1時間ほど前に塩麹を豚肉に浸透させておくと、やわらかくてとってもジューシーな肉になるのです。出汁にも塩麹の旨みが出るので、スープも野菜もまろやかになり最高ですよ。タレもいりません。ほんとうに感動の塩麹豚しゃぶ。ぜひお試しを~
「塩麹の豚しゃぶ鍋」の詳しい作り方(レシピ)
塩麹の作り方(レシピ)
「豚しゃぶ」の詳しい作り方(レシピ)
「牛しゃぶ」の詳しい作り方(レシピ)

先日は、自宅で行なう忘年会パーティーに最適な「丸鶏のローストチキン」をご紹介しました。今日は炊飯器で作る「超簡単ローストビーフ」をご紹介します。簡単でおいしくて失敗なし!お勧めです。
ほんとうに簡単でおいしい!「炊飯器で作るローストビーフ」ポイントは、表面に焦げ目をつけたお肉を、真空状態にしたジップロックにたれと一緒に入れて、炊飯器の保温機能を使って40分調理することです。真空調理法は、低温調理なので肉が縮まず、やわらかくジューシーに仕上がります。ぜひ、お試しを!
忘年会は激旨!「ローストビーフ(炊飯器で作る真空調理法)」-レシピはこちら
パーティーをちょっと豪華に!「ローストチキン」の作り方はこちらを

12月になるといろいろとパーティーなども増えますね。今年の忘年会はどうされますか?安上がりにホームパーティーでという方もおられることでしょう。そんな時に「ローストチキン」は喜ばれますよ。
丸鶏のローストチキン(レシピ)特に、サプライズで丸鶏で作ると盛り上がります。作ってみるとそんなに大変じゃありません。こちらのレシピは一つ一つの手順をすべて動画化していますので、どうぞご参考になさってください。切り分け方も説明していますので、カッコよくいきましょう!
丸鶏の「ローストチキン」-詳しいレシピはこちらを
炊飯器で作る簡単「ローストビーフ」のレシピはこちら