2016 2月-ダイエットでもおいしく食べちゃった

ダイエットでもおいしく食べちゃった‥

「ダイエットでもおいしく食べた~い!」 のマロンのダイエット泣き笑い日記帳

激旨!「ちゃんこ鍋」の動画撮影完了しました!先日、連日続く曇り空の合間をぬって、わずかな日差しでしたが、やわらかい春の光の中で撮影することができました。も~最高ですよ~!お楽しみに~。
「ちゃんこ鍋レシピ」完全リニューアル版-近日公開!今回の出色はなんといっても「ふわふわ鶏肉団子」です!お口の中でジュワ~と味わいが広がるようなおいしさを目指しました。これまでは山芋を入れたりして工夫していましたが、今回はとってもシンプルで画期的な方法を発見!お楽しみに~(^^)/
あっさり醤油味がベースの「ちゃんこ鍋」のレシピ(鶏つくね団子からもおいしい出汁)

待ち遠しいたけのこですが、今日はおいしい「たけのこご飯」を作るコツを復習しておきましょう。まずは基本。おいしいたけのこご飯の調味料の割合(黄金比率)は、水10:醤油1:酒1です。お忘れなく。
「たけのこご飯」を上手に作るコツそして、1、具材をシンプルにすること。2、穂先や根元を一緒に混ぜて食感をよくすること。3、お米をしっかり浸水させること。などを押さえておきましょう。かつおだしはなくても大丈夫です。たけのこ本来の香りや風味を楽しむためには、昆布だけで十分です。
旬が香り立つ「たけのこご飯」の上手な作り方(レシピ)
たけのこを上手に茹でる(あく抜き)3つのポイント

あれよあれよという間に今年ももうすぐ3月。ほんとうに早送りのビデオみたいな毎日です(笑)3月になると「たけのこ」が出回り始めますね。楽しみです。旬のたけのこで「たけのこご飯」。いいですね~
たけのこを上手にゆでる3つのポイントでは、たけのこを上手にゆでるポイントを復習しておきましょう。(1)ぬか(米のとぎ汁でも)と一緒にゆでてえぐみの元であるシュウ酸を吸着させる。(2)皮をつけたままゆでて筍を軟らかくする。(3)ゆで汁につけたまま冷ます。これでいつでもOK!
たけのこを上手に茹でる(あく抜き)3つのポイント
旬が香り立つ「たけのこご飯」の上手な作り方(レシピ)

YouTubeの「たくあん漬け」の動画に、すごいコメントをいただきました。「ニューヨークの建物の中のアパートに住んでいますが、大根を部屋の中で干すことはできますか。」ニューヨークでたくあん!(笑)
たくあんの作り方(漬け方)ちょっとした事件ですね(笑)ただ、大根は風通しの良いところで干さなければなりません。寒風にさらすことが大切です。残念ですが、お部屋の中はちょっと難しいです。でも、アメリカ暮らしが長い方が、たくあんを食べたくなる気持ち、分かるな~
「たくあん」のおいしい漬け方(材料・干し方・漬け方)

春だ春だ~なんて浮かれていたら、また急に寒くなってしゅんとして縮こまってるマロンです。まわりでもインフルエンザに罹っている友だちも多くて、まだまだ冬はもう少し続きそうですね。用心用心^^;
インフルエンザ対策:牡蠣を食べましょう!インフルエンザ対策には、免疫力アップが欠かせません。たんぱく質は免疫細胞の材料となったり、体を温める作用が高く、免疫力を強めてくれます。動物性たんぱく質と植物性タンパク質を、バランスよくとりましょう。牡蠣は非常に有効ですよ!
カキフライ(レシピ)
牡蠣ご飯(レシピ)
焼き牡蠣(レシピ)

今日は朝からいいお天気。すこし風は冷たいですが、日差しの強さはもうすっかり春です。近所の梅も咲き始めました。毎年繰り返される季節の営みですが、春の息吹に心がときめき、わくわくします。
春のおとずれ先日、3月のレシピの準備で「ちゃんこ鍋」を作りました。家族には大好評。以前いろいろと調べてコツは熟知しているので、このレシピでいこうと思います。春が来ちゃう前に公開しなくては(笑)最後の一滴までスープを飲みたくなるレシピですよ~!
あっさり醤油味がベースの「ちゃんこ鍋」のレシピ(鶏つくね団子からもおいしい出汁)
飽きが来ない塩味がベースの「ちゃんこ鍋」のレシピ(海鮮からも良い出汁がでます)

YouTubeの「シュークリームの作り方」の動画にとってもうれしいコメントをいただきました!「上手く出来ました!^^ いつも見ています!^^ あと英語上手いですね!僕はニューヨーク生まれなので。」
シュークリームの動画レシピわ~い!ありがとうございま~す♪(^^)/ ほんとにほんとにうれしいコメントです。実は、動画に英語をつけるのは大変で、一番時間がかかります。でも、海外の方にもぜひ日本の料理を紹介したいと思って頑張っています。もっと上手にならなくっちゃ!
「シュークリーム」の詳しいレシピはこちらのページをご覧ください

先日お話ししたレモンピール。ヒュウガナツと掛け合わせたような、ちょっと変わり種のレモンでしたが、ほんとうにおいしいピールになりました。やっぱり、レモン独特のあの香りは格別の爽やかさですね。
レモンで作ったピール今年も春に向けて夏みかんのシーズン到来。ピール作るぞ~!(^^)/ 今度友達と一緒に作る約束をしました。楽しみだな~♪あのゴツゴツの皮が、しだいに透き通るようなオレンジのゼリーに変化してゆく様は圧巻です。手作りの醍醐味を味わえます。
お好みの柑橘類(夏みかん・文旦・甘夏…)でピールを作りましょう!

この間、お友達にいただいたレモンでピールを作ってみました。レモンと言っても、ヒュウガナツを掛け合わせたような、ジューシーなレモンです。見た目も丸くてレモンと言われないと気付かないほどです。
レモンのピール出来栄えは最高でした。香り、酸味、やわらかさも申し分なかったです。気をよくして、スーパーでレモンを買ってもう一度作りましたが、少し固くなってしまってうまくいきませんでした。やっぱり純粋なレモンは難しいです。どなたかコツを教えてください。
お好みの柑橘類(夏みかん・文旦・甘夏…)でピールを作りましょう!

まだまだ寒い日が続きますが、アクセスログを見ると「ふきのとう味噌」にちらほら訪問者があるようです。確実に春は近づいています。ふきのとうって言葉を聞くだけで、なんだかウキウキしてきますね。
ふきのとうは味噌にして「焼きおにぎり」がおいしいですふきのとう味噌は、ふきのとうをさっとゆでて細かく刻み、練った甘い味噌と合わせて作ります。ご飯に乗せたり、おにぎりにつけて食べます。特に焼きおにぎりがおすすめですよ。あの程よい苦みに春の息吹を感じます。は~るよこい♪は~やくこい♪
春の香り。ふきのとう味噌を作りましょう(レシピ)