失敗しない「炊飯ジャーで作るローストビーフ」レシピ-ダイエットでもおいしく食べちゃった

ダイエットでもおいしく食べちゃった‥

「ダイエットでもおいしく食べた~い!」 のマロンのダイエット泣き笑い日記帳

真空パック法で作る「ローストビーフ」は、炊飯ジャーの保温機能を使います。炊飯器は米を炊くと内部が100度以上になりますが、保温モードなら70度前後で、これは肉や魚の調理に適した温度です。
炊飯ジャーで作る「ローストビーフ」たんぱく質は、65℃以上で固くなり始め、肉が縮んで旨みの肉汁も逃げ、パサパサになっておいしくなくなります。かといって58℃以下だと、食中毒の危険が生じます。つまり炊飯器の保温状態はこの両方の必要を満たす最適の温度なのです。
失敗しない「炊飯ジャーで作るローストビーフ」レシピ

No Comments :(