「おでん」のコツはコトコト煮込むよりゆっくり冷ます!-ダイエットでもおいしく食べちゃった

ダイエットでもおいしく食べちゃった‥

「ダイエットでもおいしく食べた~い!」 のマロンのダイエット泣き笑い日記帳

ウフフ♪これは何の写真かわかりますか?おでんのお鍋をゆっくり冷ましているところです。お鍋を新聞紙3枚とバスタオル2枚に包んで、座布団の上において保温しながら約2時間ゆっくり休ませます。
「おでん」をゆっくり冷ますコツ以前にもご説明したとおり、これで出汁が具に染み込みやすくなります。冷ますときにもコツがあります。急激に冷ますよりも、このような方法で、じわじわ冷ましていくほうが、より味がしみ込みやすくなるのです。試してみる価値ありですよ!

煮込むよりゆっくり冷ます!「ためしてガッテンのおでん」レシピ

No Comments :(