2012 9月-ダイエットでもおいしく食べちゃった

ダイエットでもおいしく食べちゃった‥

「ダイエットでもおいしく食べた~い!」 のマロンのダイエット泣き笑い日記帳

おでんは食べたいけど、ダイエッターにとって気になるのはやっぱりカロリーです。でも、おでんの具はこんにゃく、大根、はんぺんなど比較的カロリーの低い物が多いので、食べ過ぎなければ安心です。
おでんのカロリーを低く抑える方法厚揚げ、さつま揚げ、がんもどきなどの揚げ物もありますが、煮る前に油抜きをして余分な油を抜いてから煮ることで、カロリーを低く抑えることができます。例えば厚揚げを茹でて余分の油をペーパータオルでふけば約20kcalダウン出来ます。
比較的低カロリーな「おでん」の作り方

いよいよおでんがおいしい季節になりましたね。ところで皆さんはおでんの具はどんな順番で煮ていますか?おいしいおでんを作るコツは、「味吸い隊」と「味出し隊」に分けて、時間差で煮込むことです。
おでん種を煮込む順番は?「味吸い隊」とは、大根や卵など、だし汁の旨みを吸うことでおいしくなるおでん種です。「味出し隊」とは、つみれや昆布など、だし汁においしい味を出してくれるおでん種です。「味吸い隊」→「味出し隊」の順番に、時間差で煮込むのがコツですよ!
おでん種を煮込む順番は?詳しいレシピはこちらを

昨日、むかごのお話をしたら、その親分の自然薯(じねんじょ)が無性に食べたくなりました。昔、自然薯掘り名人の友がいて、よく山に掘りに連れて行ってもらいました。これがほんとうに難しいのです。
おいしい自然薯の「麦とろご飯」まず、素人は見つけることからほぼ不可能(^_^;) 葉で見分けるのだそうですが、さっぱりわかりません。掘る段階になると、もはやただ見ているだけ(笑)名人はみるみる50㎝ものを掘り出してゆきます。結局マロンは麦とろをいただくだけでした。
「麦とろご飯(醤油味)」のレシピ
「麦とろご飯(味噌味)」のレシピ
自然薯の「タコの磯辺揚げ」は最高!
自然薯(山芋)のすり方はこちらを

今日は少し蒸し暑いです。近づいている台風のせいかな。でもアクセスログを見ると、秋が確実に深まっているのを感じます。もう「炒りむかご」へのアクセスが増えています。むかごってご存知ですか?
懐かしい秋の里山の味わい「炒りむかご」むかごは自然薯(じねんじょ)の子供で、つるにできる小さな芋です。自生しているので、野山で収穫することができます。最近はスーパーでも売っているところもあるので、見つけたらぜひ食べてみてください。懐かしい秋の里山の味がします。

むかごのお料理レシピ
秋の里山の味わいです。「むかごご飯」レシピ
秋の夜長のビールのお伴に「炒りむかご」レシピ
田舎のおばあちゃんの味「むかごの煮物」レシピ

お鍋だお鍋だお鍋だ~♪(^▽^)エヘヘ~お鍋の季節ですね~♪昨日は、「紀文・鍋白書2011」のお鍋の人気ランキングをお伝えしましたけど、マロンが大好きなカレー鍋はなんとビリから2番目の19位。
ほんとうにおいしい「カレー鍋」なんでかなぁ~おいしいのにな~。もしかしたら皆さん食べず嫌い?カレー鍋って、カレーうどんのおつゆのなかに具材が入っているようなイメージがあるのかなぁ‥でも、全然違います!もっとサラッとしててコクがあるんです。ぜひお試しを~♪
だまされたと思って作ってほしい(笑)「カレー鍋」(作り方・レシピ)

9月も早や後半。ぐっと秋らしくなってきましたので、お鍋を食べたくなりますね。皆さんはお鍋というと何が一番お好きですか?今日は「紀文・鍋白書2011」で発表されたお鍋ランキングをお伝えします。
鍋料理人気ランキング堂々の第1位は「おでん」!全国の主婦1400人を対象に行われた鍋料理アンケート調査によると、好きな鍋堂々の第1位は「おでん」でした。第2位は「しゃぶしゃぶ」、第3位は「すき焼き」でした。マロンの大好きな「もつ鍋」は第11位でした。皆さんのお気に入りは何位かな?
鍋料理レシピ集
関東風「おでん」
関西風「おでん」
「しゃぶしゃぶ(牛肉)」
博多名物「水炊き」(1)
博多名物「水炊き」(2)
北海道名物「石狩鍋」
大人気の「キムチ鍋」
博多名物「もつ鍋」
圧力鍋で作る「もつ鍋」
「ちゃんこ鍋」(塩味)
「ちゃんこ鍋」(醤油味)
ホカホカ「湯豆腐」
嬉野名物「温泉湯豆腐」
「ちゃんちゃん焼き」(味噌だれ)
「ちゃんちゃん焼き」(チーズ味)
タラバ蟹の「カニすき」
下関名物「ふぐちり(てっちり)」
山形名物の「芋煮」
大分名物の「団子汁(だごじる)」
ヘルシーな「すいとん」
子どもも大好き「カレー鍋」
美容と健康に「トマト鍋」
塩豚の「ポトフ」

ウフフ♪これは何の写真かわかりますか?おでんのお鍋をゆっくり冷ましているところです。お鍋を新聞紙3枚とバスタオル2枚に包んで、座布団の上において保温しながら約2時間ゆっくり休ませます。
「おでん」をゆっくり冷ますコツ以前にもご説明したとおり、これで出汁が具に染み込みやすくなります。冷ますときにもコツがあります。急激に冷ますよりも、このような方法で、じわじわ冷ましていくほうが、より味がしみ込みやすくなるのです。試してみる価値ありですよ!

煮込むよりゆっくり冷ます!「ためしてガッテンのおでん」レシピ

みなさんはおでんの具は何が一番お好きですか?「紀文・鍋白書2011」で全国の主婦1400人にアンケート調査が行われました。主婦(本人)が選んだ好きな具第1位は「大根」、第2位は「玉子」でした。
「おでん」でホカホカ一家団欒♪これは、主人も子供も同じ。でも第3位はそれぞれ主婦は「こんにゃく」、主人は「牛すじ」、子供は「こんにゃく」でした。おもしろいですね。マロンの好物は「はんぺん」です(笑)パパは「さつま揚」。いろいろ入れて楽しいおでん。一家団欒ですね♪
具の味が際立つ「ガッテン流のおでん」の作り方

ここのところ朝夕はぐっと涼しくなって、窓を開けていると寒いくらいになりました。今日は秋分の日ですから、昼と夜の時間が同じなんですよね。最近は日が落ちるのが早くなって、なんだか寂しいです。
涼しくなったら食べたくなる「おでん」昨日は10月公開予定の「おでん」の撮影をしましたので、大量に作りました。で、しばらくは我が家はおでん尽くしです。昨日はおでんの残りで作るチゲ風おでんやカレーうどんをご紹介しましたが、炊き込みご飯とうめしにしても最高ですよ♪

おでんの残りで作るお料理レシピ
韓国風ピリリと辛い「チゲおでん」!
〆はやっぱり「カレーうどん」ですね!
我が家の人気ナンバーワン!「煮込みうどん」
「炊き込みご飯」-おでんで一杯やった後に♪
ワイルドにお豆腐を食べれる「とうめし」も最高!

今日は、10月公開予定のためしてガッテン流の「おでん」の写真と動画の撮影を行いました。秋晴れのいいお天気に恵まれて、おいしそうな絵が撮れました。いよいよ秋本番、ぜひ作ってみてくださいね!
10月公開のガッテン流「おでん」レシピ今回は、残りの具とだしで作るものも二つご紹介します。「チゲ風おでん」と「カレーうどん」です。これもイケますよ~♪パパはチゲ風おでんにすっかりハマってます。子どもたちにはカレーうどんがきっと大人気ですよ。どうぞお楽しみに~♪(^^)
味をしみ込ませるコツは?「ためしてガッテン流のおでん」レシピはこちら